重きを背負い。

 

久しぶりにチャリネタで。 

 

 

 

 

まあまあ足繁く野良仕事の為に実家へ赴く訳ですが、その度に何かと収穫物や食料を持ち帰ることが多々。

 

本日もバックパックに満載で西山の麓から降りて来たのですが、ふと、どのぐらいの重量を背負ってチャリ漕いでるのかと疑問に思い、計量してみたところ、

 

 

14kg・・・。

(内容:米8.5kg、キャベツ、南瓜、サニーレタス、ルッコラ、クレソン、ネギ)

 

 

 

そら重いわ。

 

 

わたくしのバックパック「GRIVEL ALPINE45」

本来の使用用途とは大きくかけ離れ、或る時は画材でパンパン、或る時は電動工具でパンパン、そして農作物でパンパン。

 

 

忍びない・・・。

 

 

ほんまはがっつりリアキャリア仕様の2台目を組みたいところですが、そんな甲斐性は無いので、どうしたもんか。

 

うちのCOVEをいじる方向で考えてみても、

 

・せめて10kgぐらいの加重には耐えれないといかんので、バッグサポーターの類じゃ厳しそう。

 

・かといって常時必要な訳じゃないから普段は取り外したい。のでリアキャリアになると面倒臭い。それ以前にCOVEにキャリアマウントついてないからアタッチメント系のパーツ揃えるのが面倒臭い。

 

 

うむむ。

 

 

 

 

と思ってたらありました。

 

Carradice Saddle Bag Uplift System

 

クイックリリースできて耐加重は驚きの10kg。

 

こいつに

 

同じく、Carradice Camper Longflap Saddle Bag(容量24ℓ!)とかつけたらウハウハじゃないすか。

 

MTBでも、

結構しっくり。

 

 

 

サドルやらグリップやらペダルやらちょこちょこいじる余裕があるんなら、こいつらを入手すべきですね。はい。

 

 

 

あー、でもリアディレイラーのショートケージ化はしたい・・・。

 

 

 

 

煩悩!

 

 

 

 

 

 

本日のお知らせ:

 

京都二条界隈の某所にて壁画かくことになりました。個人的にもだいぶ楽しみな場所なんで、乞うご期待。

 

3月上旬ぐらいには完成予定なんで、またお知らせいたします〜。

 

 

 

 

 

 

 

コメントをお書きください

コメント: 3
  • #1

    TAKUJI (日曜日, 06 2月 2011 20:43)

    う〜わ!
    これ、めちゃいいっすね!!

    ペイントも、余裕で行けそう★

  • #2

    Joseph (月曜日, 23 7月 2012)

    Hey. Very nice web site!! Man .. Beautiful .. Superb .. I will bookmark your site and take the feeds also�I am glad to locate numerous useful info right here within the article. Thank you for sharing.

  • #3

    buytadalafilonline (水曜日, 07 11月 2012 08:07)

    I intended to draft you this bit of remark in order to say thank you once again for the pretty guidelines you've documented here. It is quite strangely open-handed of you to present unhampered precisely what a lot of people could have made available as an electronic book to generate some cash for themselves, and in particular now that you could have tried it if you decided. Those good tips likewise served as a good way to recognize that some people have a similar dream the same as my personal own to understand a whole lot more concerning this condition. I am sure there are lots of more fun periods ahead for many who take a look at your website.